新たなテーマに挑戦中!

飛行装具 1
翼 羽 鳥人間 Wing Ornithopter

飛行装具 2
翼 羽 鳥人間 Wing Ornithopter

飛行装具 3
翼 羽 鳥人間 Wing Ornithopter

私は1979年頃当時中学2年生時、テレビで特番としてやっていた『鳥人間コンテスト』に憧れ、自作のハングライダーを作ったことがあります。それは裏山から切り出してきた竹で骨組みを拵え、それをビニールで覆ったカイトみたいなやつでした。作っている時期は毎晩のように自分が空を飛ぶ夢を見たものです。( ´ ▽ ` )

そして完成させいざ飛行の日がやってきて、友達や弟に手伝ってもらい、裏山の崖までそのハングライダーを運びました。そしてその崖に通じる坂道を滑走してその崖から熊本の田園の空へ飛び立ちました。実は運んでいる途中に翼の端っこが木の幹に接触し折れてしまっていました。しかし絶対に飛べると思い込んでいた私は、全く疑う事なくその挑戦に挑みました。結果は一瞬だけ体が風に浮かんだのを感じた後、漫画のように崖下の林へ落下してしまいした。擦り傷程度の怪我で済んだ私は笑い者となりましたが、子供の頃の思い出として心の隅に大切にしまっている経験です。

レオナルド・ダビンチが飛行を可能にするための考察をメモしスケッチした手稿を残しているのは有名です。それらは今も何らかのメディアによって目にすることができ、私たちはそれらのイメージが、現代の宇宙まで飛び出しそうな航空時代の出発点と思っています。しかし、それ以前にもこの空を飛ぶという願いはあったのだと私は思っています。ダビンチの活躍した15世紀、そのもっと昔から、紀元前とか有史以前とか、空を飛ぶという挑戦に挑んだ夢想家が存在していたに違いないと、私はそう思っています。記録には残っていませんが、鳥の飛行を観察研究し、その羽の動きかたや性能を考え、人間が空を飛ぶための飛行装置を設計し造り試験飛行された。そのほとんどすべては失敗に終わっただろうし、多くの挑戦者が負傷を追い犠牲となったでしょう。そしてまた周囲からの嘲笑も受け、変わり者の発明家として生きた人がいたでしょう。

最近の私は、そんな発明品を飛行装具と題して鉛筆画で描いています。