Flowers

“The Grave Where the Butterfly Used to be Buried”

かつて、あの蝶を埋めたが場所に、花が咲き乱れ
夕焼けの陽を煌々と浴び、そよ風に振えながら佇んでいる
ついさっきまで雨が落ちていたから、花びらや葉、茎に至るまで
その全てを開いて、光りを吸い込んでいる
あの蝶が死んだのは5年前の今日
河川敷にある林で、私にいたく纏わり付くので
素手でもって捕まえ、家に帰って部屋の中で放した
しかし、次の日には死んでいた
微かな黄金の麟紛が落ちた畳の上、その美しい死に際
今も、ついつい思い出してしまうのです

F29F28F27F26F25F24F23F22F21F20F19F18F17F16F15F14F13F12F10F9F6F30F8F7F5F4F3F2F11F1

 

2004年 京橋ギャラリー椿での展覧会より